« Twilioをゲーム感覚で勉強できるTwilio Questをやってみよう! | トップページ | 世界で初めて電子音楽を作曲した「シュトックハウゼン」 »

2020.04.30

「立体錯視の最前線」の展示から(2019年明治大学博物館)

写真を整理していたら、2019年に明治大学博物館で展示し、大きな反響があった「立体錯視の最前線」の写真が何枚かあったので、ご紹介します。


特に面白かったのは、鏡に映るとなぜか形が変わってしまうシリーズ。実際鏡の近くに行くとトリックがわかりますが、ここではノーヒントで写真を見てください。

Img3190 Img3187

Img3186 Img3185

Img3184 Img3183

Img3182 Img3181

トリックが知りたい方は、明治大学で錯視を研究されている方の本を是非ご覧ください。

 

 

|

« Twilioをゲーム感覚で勉強できるTwilio Questをやってみよう! | トップページ | 世界で初めて電子音楽を作曲した「シュトックハウゼン」 »

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Twilioをゲーム感覚で勉強できるTwilio Questをやってみよう! | トップページ | 世界で初めて電子音楽を作曲した「シュトックハウゼン」 »