« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月の1件の投稿

2015.03.08

独習で合格する!PMP(第5版)受験対策まとめ

プロジェクトマネージャのための資格として有名なPMP。このPMPに今月一発で合格しました!

今回はPMP受験において独習で合格したい人のために、PMP合格対策から受験までの流れとポイントについて解説します。

【1】35時間以上のPMP対応講座を受講する

PMPを受けるにはプロジェクトマネジメントのほかに35時間以上(35PDU)以上のPMP対応講座を受講する必要があります。

通信教育で35PDUを取得できるものもありますが、大都市圏に近ければ会場型の講座を申し込むと良いでしょう。

なお、PMP受験対策として、ピンポイントにテーマを絞った講座よりも、プロジェクトマネジメント全体を俯瞰する講座を取ることをお勧めします。

通信教育の場合、PMBOK第5版に対応しているかどうかを必ず確認しましょう。
また、会場型の場合、PDUを取得する場合は講師や事務局に申し出が必要な場合があります。PDUの取得方法を必ず確認しましょう。

通信教育の場合、下記のProject Management Professional試験対策講座1及び2を受講すれば35PDUを取得できます。

その他の受験条件は下記リンクをご覧ください。

「PMP試験・資格について」
https://www.pmi-japan.org/pmp_license/pmp/entrance_exams.php

【2】PMBOKの入門書+教科書で全体の流れを確認する

PMBOKガイドは非常に大きく、内容も充実しているため、最初から読むのは大変厳しいです。

そのために、「PMBOK入門 PMBOK第5版対応版」でPMBOKの構成を簡単に学習します。この本はPMBOKの大まかな流れだけでなく、後半では実際にありそうなプロジェクトのトラブルをPMBOKを活用して乗り越えるケースが書いてあり、PMBOKの重要性が非常によく理解できます。

そしてこの本の一番の良さは「軽くて薄い!」通勤途中にPMBOKを学ぶには最適です。

そして、PMBOKの流れがわかったら、定番のPMBOK学習本「PMPパーフェクトマスター」。

この本はPMBOKの要点が非常にわかりやすくまとめられています。
また、設問の難易度も絶妙で、PMBOKをきっちり理解しないと解けない構成になっています。

最初は本を読みながら、設問を解いてみましょう。
2〜3回目からPMPの各プロセスを理解しながら設問を解いてみましょう。
PMPはプロセスの意味を理解しないと合格できない試験構成となっています。

付録の「知識エリアとプロジェクトマネジメント・プロセスの概要一覧」はPMP受験の2週間前ほどから要点を丸暗記できるようにしておきましょう。

【3】PMBOKガイドとPMP問題集でレベルアップ

最後にPMBOKの詳細を確認するための対策をします。

PMPはPMBOKガイドの内容が試験として出題されるため、PMBOKガイドを一度読んでおくと、理解しやすいです。

この本は、全部を読むにはかなりのボリュームのため

1.問題集でよくわからない部分をピンポイントでチェックする
2.各プロセスについて最初から数段落(要旨部分)を繰り返し読んでみる
3.問題集で理解していないプロセス部分を一旦全て読んでみる

というのをお勧めします。やはりPMBOKガイドという名にふさわしく、各プロセスとも詳細に書いてあり、読めば読むほどプロセスの理解が深まります。

そして、PMP試験対策といえば、「PMP試験合格虎の巻」
PMP独特の日本語の文書として癖がある問題もこの対策本があれば大丈夫。

問題集としては、「PMP試験合格虎の巻」を中心に使うことをお勧めします。

最後に「合格ターゲット PMP試験問題集」を解いておきましょう。
この本は各プロセスをきちんと理解できないと、問題が本当に解けない。

「PMP試験合格虎の巻」でほぼ解けるようになっても、この本の問題には全く歯がたかなかった場合が多かったです。この問題集のおかげで各プロセスをきっちり確認できただけでなく、PMP受験に対する自信がつきました。

PMP受験までに時間がある方は、できる限り買ったほうが良い本です。

【4】PMI会員(本部+日本支部)に入会する

問題集が8割程度できるようになったら、PMI会員(本部+日本支部)に入会しておきましょう。どちらも年会費は発生しますが、PMP受講料が安くなり、PMP受験申込み手続きが非常に楽になります。

下記リンクから入会手続きができます。(本部⇒日本支部の順番に申込みとなります。)

「PMP試験・資格について」
https://www.pmi-japan.org/pmp_license/

また上記サイトにある「PMI倫理・職務規定」はPMP試験対象範囲ですので、プリントアウトして内容を理解しておきましょう。

次に「PMP試験・資格について」内ページにある「PMP受験 Eligible Letter 申請」(pdfへのリンク)を見ておきましょう。

PMP受講への手続き方法が書いてあり、各項目が英文で入力する必要があります。
各項目の入力案を少しずつ英語で書き留めてきましょう。
英文を考えることは思った以上に時間がかかりました。

「PMP試験の受験資格」
https://www.pmi-japan.org/pmp_license/pmp/entrance_exams.php

【5】PMP受験を申し込む

9割以上問題が解けるようになったら、PMP受験の申請をしましょう。
前項の「PMP試験・資格について」内ページにある「PMP受験 Eligible Letter 申請」(pdfへのリンク)に従って着実に各項目を埋めておきましょう。

特にpdfに書かれている「Printable PMP Application Form」を事前にダウンロードしておくのがコツです。これを記入しておけば、申込みはこの内容をブラウザにコピーするだけです。

「PMP試験の受験資格」
https://www.pmi-japan.org/pmp_license/pmp/entrance_exams.php

なお、受験前に対策本等にある試験問題(200問)を4時間で解く練習を2、3回しておきましょう。休憩時間の取り方がわかります。

この時の試験問題として、やや難易度易しめですが、試験問題が200問強あるPMPBOK問題集がお勧めです。
各プロセスから問題が出題されるため理解度を確認にはちょうど良いところ、ひっかけ問題が非常に多いため本番に向けて気が引き締まりました。

【6】プロメトリックの受験手続を行う

PMP試験はプロメトリックの会場で行います。
PMP受験がPMIから認められるまでに1週間程度、その後PMP受験に関わるメールが届きます。

そのメールに従ってプロメトリックの会場と受験日時を決定してください。

プロメトリック(PMP)での手続き
http://pf.prometric-jp.com/testlist/pmp/jp/online.html

なお、会場は首都圏だと御茶ノ水のみです。
試験時間は私が受講したときには午前、午後のどちらも選択できました。

当日の持ち物も上記に書いてありますが、手続きが終わった後にプロメトリックから「試験会場番号」と「Confirmation Number」が書いてあるメールをプリントアウトしましょう。

「試験会場番号」と「Confirmation Number」がないと当日試験が受けられません!

身分証明書も必要です。私はパスポートにしました。

当日はパソコンによる受験です。計算機はブラウザに表示することができます。
荷物はロッカーに入れておきます。ペットボトルはロッカーのうえに置いておくと、休憩時間が過ごしやすいです。休憩している間でも試験時間は過ぎていくことに注意。

試験結果はその場でわかります。PMPの合格書は郵送で届きますが、PMI本部のページからもダウンロード可能です。

【感想】

PMPを取得することで、プロジェクトマネジメントを俯瞰的に勉強できたことが一番よかったと思っています。

自分がやってきたプロジェックトマネジメントのノウハウもPMBOKガイドには当然書いてありますし、プロジェクトのトラブルを回避するのにこんな方法があるんだ、と非常に気づきが多かったのも収穫です。

資格としてPMPを取るというのが最初のモチベーションでしたが、プロジェクトマネジメントを体系的に学びたいからPMPを受験する、というほうに動機を切り替えたことによって、試験期間中のモチベーションを高いまま維持できたと考えています。

試験対策期間は1.5か月程度(PDU取得は除く)でしたが、通勤途中、土日は試験対策にほぼ費やしました。時間がまとまって確保できいない人は4か月〜6か月程度試験期間をみた方が良いと思います。

今後はPMIのセミナー等に参加してプロジェクトマネジメントの実践力を強化するとともに、IPAのプロジェクトマネージャも受けたいと考えています。
(IPAのプロジェクトマネージャの試験範囲はPMBOKを参考にしている)

最後に、この記事を読んだ皆様がPMPに合格することを心より祈念致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »