« フラット35の団体信用生命保険料をクレジットカード払いにする方法 | トップページ | WebRTCを実現するためにSTUNだけでなくTURNも必要な理由 »

2015.01.04

10万円から!フラット35の繰上返済をWEBから行う方法

フラット35、フラット35Sの繰上返済は手数料無料でできます。
ただし、金融機関窓口で繰上返済を行うと100万円以上と敷居はかなり高いです。

ところが、最近繰上返済をWEB上でできるようになりました。
WEBの場合、返済額は10万以上となり、繰上返済がぐっと身近な存在になってきました。

そこで、今回はフラット35の繰上返済をWEBで行う方法を説明します。

1)繰上返済をするには、「住・My・note」(すまいノート)の申込みが必要です。

「住・My・note」からWEBサイト左側にある「お客様IDをお持ちでない方」⇒「新規申込み依頼」を押します。

「住・My・note」

2)WEBフォームに従い、必要事項を埋めてください。1〜2週間後に
「郵送」で「住・My・note」にログインするためのお客様ID等の情報が届きます。

3)先ほどの「住・My・note」にログインをします。

お客様ID,パスワード1でログイン、その後パスワード2を入れます。
初回ログイン時はパスワード1,2の変更が必要です。

4)ログイン後、「繰上返済ご利用サービス」をクリックします。

5)「繰上げ返済シミュレーション、一部繰上げ返済の申込み」をクリックします。

6)この後、「繰上返済時期」「繰上返済額」「繰上返済による返済期間短縮または返済額の減少」等の選択し、返済時のシミュレーション結果が出ます。

※シミュレーションによって繰上返済によるローン減少額の効果がわかるため、繰上返済を今考えてない方も是非試してみてください。

なお、詳細の説明は割愛しますが、「繰上返済による返済期間短縮または返済額の減少」は、「返済期間短縮」を選択したほうが、ローン返済額は少なくなります。

7)シミュレーション結果画面の下部に「繰上返済申込み画面」というボタンがあります。これをクリックすると、シミュレーションで入力した通りの情報で繰上げ返済の申込みができます。

なお、繰上返済用資金はフラット35、フラット35Sの銀行口座から自動的に引き落とされます。口座への振り込み等の面倒な手間は全くありません。

更に繰上返済申込後も一定期間内であれば、WEBから取り消しができます。

繰上返済に関わる詳細な情報、申込みは下記のリンクをご覧ください。

住宅金融支援機構:融資金を繰り上げて返済するときは
「住・My・note」

|

« フラット35の団体信用生命保険料をクレジットカード払いにする方法 | トップページ | WebRTCを実現するためにSTUNだけでなくTURNも必要な理由 »

住宅購入・住宅ローン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18781/60924013

この記事へのトラックバック一覧です: 10万円から!フラット35の繰上返済をWEBから行う方法:

« フラット35の団体信用生命保険料をクレジットカード払いにする方法 | トップページ | WebRTCを実現するためにSTUNだけでなくTURNも必要な理由 »