« ビックカメラがお得!無料で3% OFFにする裏技 | トップページ | ふるさと納税で新米15kgを入手する方法(長野県飯山市) »

2014.11.23

iPhoneのスクリーンショットを自動的にメールに投稿するテクニック[IFTTT]

仕事柄、スマートフォンのスクリーンショットをメールで送る場合が良くあります。

ところが、スクリーンショットを撮ってからメールを送るという作業は思った以上に面倒です。

そこで今回はIFTTTというアプリを使ってスクリーンショットをメールに自動的に送るテクニックを紹介します。

ここで紹介する「IFTTT」(IF this then that)とはWEBサービス同士を簡単に連携することができるサービスです。たとえばTwitterにおける自分宛ての投稿を自動的にgmailで受信する、なんてことも簡単に可能です。

IFTTTのiPhoneアプリをインストールすると、WEBサービス同士だけでなく、iPhoneの機能とWEBサービスの連携ということも簡単にできます!

それではこのIFTTTのiPhoneアプリを使った手順をお伝えします。
(Andoridアプリの手順も後ほど書いています。)

1)IFTTTアプリを下記のリンクからインストールします。

 

2)IFTTTにログイン(新規の人はアカウントを作成)します。

3)IFTTTでレシピ(IFTTTにおける動作を行う手順)を作ります。
メイン画面で「すりばち」のようなアイコンを押し、「Recipies」と表示されている右側の「+」を押します。これで新規のレシピを作成します。

4)ifの隣の「+」を押します。これが、レシピが動作する「条件」(this)を指定するところです。

Img_0730

5)「Select Trigger」にて「iOS Photos」を選びます。その後「New screenshot」の右側の「+」を押します。これで「iPhoneでスクリーンショットを撮った場合」という条件が設定されました。

Img_0731

6)次に「どのように動作するか」(that)ということを設定します。thenの右側の「+」を押します。

Img_0732

7)「Select Action」にて「Email」を選択し、「Send me an email」の右側の「+」を押します。

Img_0733

8) 「Finish」を押して完了です!

Img_0734

試しにスクリーンショットを撮ってみましょう。自動的にメールに送られることが確認できます。なお、スクリーンショットを早くメールに送りたい場合には、「Recipes」で自分が作ったレシピを押しましょう。「Check Now」を押すとすぐにメールにスクリーンショットが飛んでいきます。

Androidの場合は5)の「Select Trigger」を「android Photos」に変えれば同様にできます。

また、このレシピの動作は「Recipes」のところで簡単にON/OFFできます。

IFTTTを使って、iPhoneとWEBサービスの連携をスマートに行いましょう!

|

« ビックカメラがお得!無料で3% OFFにする裏技 | トップページ | ふるさと納税で新米15kgを入手する方法(長野県飯山市) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18781/60701876

この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneのスクリーンショットを自動的にメールに投稿するテクニック[IFTTT]:

« ビックカメラがお得!無料で3% OFFにする裏技 | トップページ | ふるさと納税で新米15kgを入手する方法(長野県飯山市) »