« 仲介手数料を安くするための5つの方法とは? | トップページ | 独習で合格する!VoIPアドバイザ試験の試験対策について »

2013.09.16

中古住宅でフラット35、フラット35Sを申請するには?

アベノミクスによって金利が今後上昇すると言われています。

そのため、低金利の今、フラット35、35Sを使い安心して物件を確保したい人は多いと思います。

 

ところで、フラット35、フラット35Sは新築だけでなく中古住宅にも申請できることをご存知でしたでしょうか?

 

フラット35、フラット35Sともに申請をするには適合証明技術者による審査が必要です。審査には10万円弱かかりますが、固定金利が長年に渡り継続すると考えるとフラット35はやはりお徳でしょう。

 

(参考)【フラット35】 ・【フラット35S】 技術基準のご案内

http://www.flat35.com/download/dl_tech.html

 

なお、築10年以下の場合、金利で優遇されるフラット35Sも適用できる可能性が高いため、
一度仲介業者と相談することをお勧めします。

 

 例えば、フラット35S 金利Bの場合は5年間金利が0.3%優遇されます。フラット35で3000万円、35年間借りたときよりも約50万円もお得になります。

 

なお、フラット35Sの場合、「省エネルギー性」「耐震性」「バリアフリー性」「耐久性・可変性」のうち1つ以上を満たす必要があります。

 

この基準に満たしてなくても、バリアフリー性は手すりを追加する等の工事によって対応することもできるようです。(工事終了後、フラット35Sの確認をすることになります。)

1つ注意点です。フラット35/フラット35Sでも銀行によって金利が異なります。各銀行の融資条件を確認する、あるいは住宅ローンまとめサイトを見ると良いでしょう。

また住宅ローンの金利は住宅ローン契約月に決定します。そのため、住宅購入に関わる契約月で確認した金利と異なることには注意しておきましょう。

こちらも併せてご覧ください!
仲介手数料を安くするための5つの方法とは?

|

« 仲介手数料を安くするための5つの方法とは? | トップページ | 独習で合格する!VoIPアドバイザ試験の試験対策について »

住宅購入・住宅ローン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18781/58207224

この記事へのトラックバック一覧です: 中古住宅でフラット35、フラット35Sを申請するには?:

« 仲介手数料を安くするための5つの方法とは? | トップページ | 独習で合格する!VoIPアドバイザ試験の試験対策について »