« WebSocket勉強会の立ち上げを検討中です! | トップページ | [書評]余剰次元と逆二乗則の破れ »

2011.02.26

Twitter研究会講師陣が言語処理学会にてパネルディスカッション(3/9)

昨年好評を博したTwitter研究会ですが、今度は言語処理学会とジョイントして、言語処理学会第17回年次大会でパネルディスカッションをします。パネラーはTwitter研究会、SBM研究会で講演した方となります。

公式サイト
http://www.anlp.jp/nlp2011/

★パネル討論: Twitter情報を活用したサービスの現状と課題

■開催日時:     3月9日(水) 11時10分〜11時50分ごろ
■開催場所:     A2-101教室(豊橋技術科学大学)
■パネリスト:(敬称略、順不同)   
・大角 知孝    (NTTコミュニケーションズ)
・岡野原 大輔    (PFI)
・榊 剛史    (東大)
・辻村 浩    (沖電気)
・横田 真俊    (Twitter解説書著者)
・西谷 智広    (Twitter研究会)

■概要:
Twitterユーザの増加に伴い、ツイート情報を活用したWEBサービスが日々リリースされている。このようなサービスには、レコメンド・人気キーワードの表示など大量のツイート情報を収集・分析する、言語処理的にも興味深いサービスも含まれる。本パネルディスカッションでは、研究者が特に注目すべきツイート情報を活用したサービスを紹介すると共にツイート情報を活用するときの注意点や課題について議論する

最新のTwitter研究動向を把握したい方は是非ご参加願います。

なお、これに先立って、Twitterに関わる研究発表が行なわれます。こちらも是非ご参加願います。プログラムは下記URLをご覧下さい。

http://www.anlp.jp/nlp2011/program.html#B2

|

« WebSocket勉強会の立ち上げを検討中です! | トップページ | [書評]余剰次元と逆二乗則の破れ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18781/50972441

この記事へのトラックバック一覧です: Twitter研究会講師陣が言語処理学会にてパネルディスカッション(3/9):

« WebSocket勉強会の立ち上げを検討中です! | トップページ | [書評]余剰次元と逆二乗則の破れ »