« P2Pネットワーク実験協議会第2回シンポジウムのご案内 | トップページ | 自分の論文がWeb上で公開できるかチェックできるサイト »

2009.02.11

第2回SBM研究会のアンケート結果について

第2回SBM研究会では、コミュニティに関わるアンケートとSBMの利用実態に関わるアンケートを実施しました。既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、2つのアンケート結果が公表されていますので報告します。

□コミュニティに関わる調査
IT系勉強会への参加者の意識~ナレッジ!?情報共有・・・永遠の課題への挑戦

□SBMの利用実態について
第2回SBM研究会アンケート結果~なにかのまねごと

考察は後日したいと思いますが、非常に興味深いアンケートが取れていますので是非ご覧下さい。ただし母集団は「SBMを使っている」且つ「勉強会に参加する」ような人なので、かなり偏りがあることだけには注意願います。逆に言うといわゆるITやコミュニティ活動における「イノベーター」の動向がうまく掴めていると考えています。

そもそもアンケートを実施することは、みずほ情報総研のスタッフの方が勉強会活動についてヒアリングに来たときに、私から提案したものです。コミュニティ活動について具体的にアンケートする機会はそれほどないためです。アンケート結果はクローズドでも良かったのですが、結果を公表することがアンケートに協力した人への最大の利益還元方法ということで公開することに決めました。アンケート結果の引用等については具体的には明記されていませんが、おそらく大丈夫だと思いますので、興味のある方はアンケートを実施した方に問い合わせして下さい。

今後も私が主催するコミュニティでは研究者の方の皆様のアンケートに協力したいと考えています。アンケートを実施したい方は勉強会企画時に問い合わせ下さい。アンケートを実施することが思った以上に稼動とコストが掛かることは知っていますので、なるべく協力したいと考えています。

今回のアンケートは期待以上に成功したと考えています。この機会にアンケート実施条件について考えたことをまとめてみます。

□アンケート企画者の公平性:
アンケート企画者は個人・団体を問わない。商用利用も可能。
□アンケート結果の到達性:
アンケート結果の一部がWEBで不特定多数に無料でアクセスできること。
□アンケート結果の再利用:
アンケート結果は引用先が明記されていれば、個人・団体問わず利用できること。目的は公序良俗に反しない限り制限しない。
□アンケート項目の公平性:
アンケート項目・内容は公序良俗に反しないこと。
□アンケート統計結果の公平性:
アンケートの集計結果は公平・客観的であること。(*本項は考察については範囲が及ばない)
□アンケート結果の審査権:
アンケート項目は勉強会企画者によって審査・コメントできること。
□アンケート稼動の最小化:
アンケート項目数は必要最小限とすること。
□個人情報に関わる規定:
アンケート結果で個人情報を公開しないこと。また個人情報は集計後速やかに処分すること。

他にアンケートの条件等があれば是非コメント下さい。

|

« P2Pネットワーク実験協議会第2回シンポジウムのご案内 | トップページ | 自分の論文がWeb上で公開できるかチェックできるサイト »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18781/44032649

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回SBM研究会のアンケート結果について:

« P2Pネットワーク実験協議会第2回シンポジウムのご案内 | トップページ | 自分の論文がWeb上で公開できるかチェックできるサイト »