« Operaのブラウザー戦略を考える~Operaオフィスツアーを企画して | トップページ | はてブのコメントに「お題」を設けたらどうだろう? »

2008.10.26

Blogに新記事を書いたときの周知戦略

最近Blogエントリーのはてブ数が10を超えるようになってきた。このことはもちろん読者の皆様のお陰であるし、アルファクリッパーであるotsuneさんやP2P todayさんらにも感謝している。

さて、最近アクセス数が増加傾向にあるのは、新しい記事を書いたときに周知する手段を広げたことも要因の一部だと思っている。今日は私がBlogで新記事を書いた時の周知方法を紹介したい。

□Mixi日記にBlogエントリーを書く

私の場合、現在マイミクが150人いる。1日あたりにMixi日記を見てくれる人はユニーク数で40人ぐらい。日記にBlogのエントリーを書いて、そのうち実際にBlogを見てくれる人は10人程度。

Mixi日記の特徴は簡単に情報を拡散することができることだと思う。背景としてRSSリーダーを使いこなしている人は、はてな村が思っているほど多くないことを挙げたい。Mixi日記にBlogエントリーを書くということは、実は(マイミクに対しての)擬似RSSリーダー機能を実現することにほかならない。Mixiであれば一日に何度も日記を覗く人も少なくない。当然私の日記の情報も目に入る。

Mixi日記を使う違う特徴として、マイミク同士で気軽にコメントができることを挙げたい。はてブでも擬似的なコメント機能を実現できるが、Mixi日記ならもっと気軽に、そしてぶっちゃけ話なども書くことができる。またマイミクは所謂ギークな人が多いので、数多くの示唆に富んだコメントを頂いている。

ここで注意点としては、Mixi日記にBlog全部を書いてはいけないこと。要点や一部だけ書くことで、Blog記事自体に読者を誘導することが必要だ。そうしないと、マイミクはBlogをきちんと読んでくれないし、記事にはてブもしてくれない。

□MixiコミュニティにBlogエントリーを書く

DHTネタについては私が管理しているDHTコミュニティーに投稿している。(参加者数600人)Mixiコミュニティのユーザ嗜好とマッチする記事はBlogを読む確率も高くなる。大抵エントリー毎にコミュニティ経由で20程度のアクセスがある。

もうひとつだが、すべてのエントリーはTomo's Hotlineコミュニティーに投稿している。(参加者数140人)エントリー毎に10程度のアクセスがある。

Mixiコミュニティに投稿する特徴はMixi日記とあまり変わらないので、説明は割愛する。
一つ注意点を挙げておこう。Mixiコミュニティの嗜好を間違えたり、複数コミュニティに投稿するとコミュニティユーザーから顰蹙を買う場合があるので、気をつけよう。

□TwitterにBlogエントリーを書く

こちらは字数の制限からエントリーのタイトルとリンクだけ書く。現在フォローされているのは100人程度で実際Blogエントリー記事を書いたときのBlogへのアクセス数は数程度。こちらはまだ効果が薄いようだ。私はTwitterで記事を書くことがあまりないので影響は小さいけども、Twitterに頻繁に書き込む人には大きな効果があるだろう。
ちなみに私のTwitterページは http://twitter.com/toremoro21 です。是非フォローをお願いします!

□はてブでセルフブックマークをする

最近始めたのははてブでセルフブックマークをすること。携帯経由で自分自身で記事を見返すことが簡単になる。もうひとつは、セルフブックマークにコメントをすることで、はてブ経由でたどり着いた人やまさにはてブでブックマークしようとする人に付加情報を伝えることができること。

まだ「付加情報」については、はてブをチェックするぐらいのインセンティブはないけども、少し戦略を練ってBlog本文だけでなく、はてブ情報までチェックしたい!と読者に思われるようにしたいと考えています。

|

« Operaのブラウザー戦略を考える~Operaオフィスツアーを企画して | トップページ | はてブのコメントに「お題」を設けたらどうだろう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Blogに新記事を書いたときの周知戦略:

« Operaのブラウザー戦略を考える~Operaオフィスツアーを企画して | トップページ | はてブのコメントに「お題」を設けたらどうだろう? »