« NAT越え技術について講演します(6/20[金]、新宿) | トップページ | NAT技術者にお勧めするRFCとドラフト »

2008.06.01

P2P研究者にお勧めするRFCとドラフト

意外に知られていませんが、P2Pに関するRFCやドラフトは複数あります。
ここではP2P研究者にお勧め、いや読むべきRFCとドラフトを紹介します。また最後にIETFの最新動向も。

□RFC4981 "Survey of Research towards Robust Peer-to-Peer Networks: Search Methods"
http://tools.ietf.org/html/rfc4981

その名の通り、P2Pに関するまとめRFC。P2P教科書を読んで大体わかったらこれを読むべし。P2Pの分類方法からネットワークの近接性やNAT越えの問題等ほとんどのP2Pに関する分野をまとめている。参考文献が一杯載せてあるので、INDEXとして使うのが良いでしょう。
ということで、P2Pに現在取り組んでいる院生以上は必読です。

□RFC5128 "State of Peer-to-Peer (P2P) Communication across Network Address Translators (NATs)"
http://tools.ietf.org/html/rfc5128

P2Pに関するNAT越えについてまとめています。UDP Hole Punching/TCP Hole Punchingなどをわかりやすく解説。

□draft-ietf-p2psip-concepts-01 "Concepts and Terminology for Peer to Peer SIP"
http://tools.ietf.org/html/draft-ietf-p2psip-concepts-01

DHTを使ってSIP(IP電話等の呼制御)を使うためのコンセプトドラフト。P2PSIPのコンセプト自体はまだカチッと決まってないけども、DHTをどうアプリケーションに組み込むか、その課題とは何かを俯瞰するときに役立ちます。

☆IETFの状況
IETFでP2Pに直接関連したものにP2PSIPワーキングとP2PIワークショップがあります。
P2PSIPはDHTを使ってSIPを動かすことを目指すところ。簡単に言うとSkypeの標準規格版みたいなものでしょうか。こちらはコンセプトがまだ固まっていませんが、非常に活発な議論がされています。

それよりも注目すべきはP2PI(Peer to Peer Infrastructure)の方。先週MITで第一回目のワークショップが開かれました。
なぜ注目されているかというと、このワークショップではP2Pトラフィックをネットワーク的に適切に(あるいは最適に)流す仕組みを考えていくからです。既に個人ドラフトを出している人がいます。P4Pがこの手の研究では注目され且つ先行していますが、研究論文をみると不明瞭な部分があるのと、P2P業界団体主体の研究でもあるので、ややバイアスがかかっているように見えます。P2PIでの議論を通してそのような疑問点を払拭してくれるでしょう。
もちろん、P2PIの第1回MIT会合でP4Pの人も論文を発表しています。

P4Pがある程度知られたという事で、近いうちにP2PIやP4PをP2P研究者としての視点で解説します。背景と、なにが解決され、なにが課題として残るのかを。

|

« NAT越え技術について講演します(6/20[金]、新宿) | トップページ | NAT技術者にお勧めするRFCとドラフト »

P2P」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18781/41385723

この記事へのトラックバック一覧です: P2P研究者にお勧めするRFCとドラフト:

« NAT越え技術について講演します(6/20[金]、新宿) | トップページ | NAT技術者にお勧めするRFCとドラフト »