« SBM研究会懇親会のご案内 | トップページ | P2P研究者にお勧めするRFCとドラフト »

2008.05.14

NAT越え技術について講演します(6/20[金]、新宿)

6/20(金)にSIProp勉強会にてNAT越え技術を講演します。
NAT越えのエキスパートのコナミ佐藤さんも話す予定です。
NAT越え技術については詳しい技術講演が近年ほとんどないので、興味のある方には貴重な学習・議論の機会だと思います。ご興味のある方は強くお勧めします。P2PやVoIPに興味のある方も関連があると思います。IPv4アドレス枯渇に関連のある方も是非。

ご存知な方もいるとは思いますが、現在業務でVoIPのNAT越えのプロトタイプ開発やIPv4アドレス枯渇対策におけるネットワークアーキテクチャの検討をしています。もちろんP2P関連も。

詳しい情報は参加方法等は
第10回SIProp勉強会の告知
http://www.noritsuna.com/archives/2008/05/siprop_15.html
をご覧ください。
以下上記リンクからの抜粋です。
===
日程
 -2008/06/20(金)

-時間
 -19:30~22:00くらい

-参加費
 -ありません。

-懇親会
 -あり
 -3000~5000円の間
 -これのみの参加もOK

-会場
 -ATL-Systems社コラボレーションラウンジ

-内容
 -NAT超え手法について熱く語る
 -講演者
  -Tomoさん
  -コナミの佐藤さん

===

私のアジェンダ案は以下のとおりです。
講演までの稼動見合いで内容は変化します。

[1]NATの種類
-ポートマッピング
-フィルタリング
-ヘアピン
-上記分類の測定方法(時間があれば)
-STUN分類との違い
-TCP/icmpとの注意点(時間があれば)
-Keepaliveの方法

[2]NAT越え技術
-UPnP
-STUN
-STUN-bis
-UDP Hole Punching(できるルータとできないルータの違い)
-TCP Hole Punching
-TURN
-TURN-TCP(時間があれば)
-TURN-IPv6対応(時間があれば)
-HTTPトンネリング
-ICE
-ICE-TCP(時間があれば)
-NICE(時間があれば)

[3]NAT越え技術のサービスでの関わり(時間があれば)
-情報家電
-P2PSIP
-P2PでのNAT越え
-IPv4枯渇対策
-SIPとRTPのNAT越えと課題点

なお資料は後日公開しますが、ある程度の部分は当日しか公開しない予定です。
ということで、興味がある方は是非ご参加を。

|

« SBM研究会懇親会のご案内 | トップページ | P2P研究者にお勧めするRFCとドラフト »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18781/41209011

この記事へのトラックバック一覧です: NAT越え技術について講演します(6/20[金]、新宿):

» NAT越え [日々mnagaku]
NAT越え技術について講演します(6/20[金]、新宿) 第十回SIProp勉強会の告知 -日程 -2008/06/20(金) -時間 -19:30〜22:00くらい -参加費 -ありません。 -懇親会 -あり -3000〜5000円の間 -これのみの参... [続きを読む]

受信: 2008.05.15 15:48

« SBM研究会懇親会のご案内 | トップページ | P2P研究者にお勧めするRFCとドラフト »