« P2P教科書は12/26(水)に発売です! | トップページ | [P2P]DHTにおける部分一致検索の間接参照による解決法の提案 »

2007.12.16

VoIP Conference 2008 開催概要&参加者募集のお知らせ

VoIP Conference 2008開催のご案内

2007年1月に開催して大好評だったVoIP Conference 2007ですが、参加者による強い要望により2008年2月に再度開催することが決定しました。プログラム概要、参加募集方法は以下のとおりです。

☆VoIP Conference 2008概要☆

◇開催主旨:恒例のVoIP(Voice Over IP)技術に関する研究会を下記にて開催します。活発な議論をお願いします。今回は,VoIP Next Generationに関し、次世代のフレームワーク、伝送技術、ネットワークアーキテクチャに関する議論を中心に行いたいと思います。ふるって御参加を お願いします。

◇日時:2008年2月8日(金) 10:00~17:30(終了予定)
◇主催者:VoIP Conference 2008 実行委員会
◇協力:情報通信研究機構 新世代ネットワーク研究センター
◇場所:東京都小金井市貫井北町4-2-1
    情報通信研究機構 小金井本部 4号館大会議室
    http://www.nict.go.jp/about/hq.html

◇参加者定員:100名
◇参加費:1000円(ボランティア等協力スタッフは無料)

◇講演スケジュール

2/8(金)
9:00~ 準備開始(ボランティアの方は9:00に会場集合)
9:30~ 開場
10:00~10:10 開会の挨拶

10:10~10:40(質問10分含む) 
「VoIP最新動向 VoIPの次を考える」
VoIP Conference 2008 実行委員長 西谷 智広

2007年を振り返るとSkype携帯やP2PSIP-WGなどVoIPの既存の枠組みを超えた新たな動きが見られる
ようになりました。本講演ではVoIPの最新動向を解説すると共にVoIPの今後の方向性について議論します。

10:40~12:00(質問10分含む) 
「VoIPとSIPとNGN」
KDDI株式会社 澤田 拓也

日本だけでなく世界的にもVoIPとSIPによる音声通信網のマイグレーションが現実的になっている。NTTグループによるNGNを念頭に置きながら、この流れを概観するとともに、NGNの特長を踏まえて今後の通信インフラとサービスの可能性について議論していきたい。

13:00~14:00(質問10分含む)
「NGN/IMS時代のWebアプリケーション開発」
~クライアント間マッシュアップ用UA Servletアプリケーションサーバ
「雷電」の紹介とデモ~
SIPropプロジェクト代表 今村謙之

SIPropプロジェクトにおいて開発中の「雷電」とは、Webのようなクライアント-サーバ間通信だけでなく、VoIPのようなクライアント間通信も、考慮されたアプリケーション用の基盤ソフトウェアである。
これについて、なぜ、このような基盤ソフトウェアが必要であるのか?という思想や背景どのような設計となっているのか?という設計や実装どんなアプリケーションが開発できるのか?というデモという、
3つの視点から解説する

14:10~15:00(質問10分含む)
「ストリーミングアプリケーションのQoS制御に関する理論的一考察」
東京工業大学 大学院理工学研究科 准教授 山岡 克式 

VoIPやビデオストリーミングの通信品質(QoS)を安定維持するためのQoS制御も,通信状況によっては万能ではなく,通信品質を維持できな い状況が発生しうる.本講演では,特にQoS制御として一般的である優先制御を対象として,そのような状況の発生する条件を,なるべく複雑にならないよう 心がけながら,理論的な観点から考察する.

15:10~16:10(質問10分含む)
「オープンソースPBX Asteriskの現状と将来」
日本Asteriskユーザ会、Asterisk関連書籍著者 高橋 隆雄

ようやく日本でも知名度が上がってきたAsteriskだが、日本における問題点はどの程度解決しているのかや、日本独自の取り組みはどうなっているかなどの現状を解説。また今後Asteriskはどうなるのか?も俯瞰する。

16:20~17:20(質問10分含む)
「P2P通信技術:NAT越え」
~STUNとUPnPと、時々、TURN~
株式会社コナミデジタルエンタテインメント
プロジェクトソリューションセンター R&D推進グループ 佐藤 良

VoIPやオンラインゲームでP2P通信する時に必ず問題になるのが、ブロードバンドルータのNAT(Network Address Translation)機能です。
NATとは何かから、NAT越えで何が問題になるのか、どのように解決するのかを解説して、最後にコナミのオンラインゲームでの導入事例をご紹介します。

17:20 閉会の挨拶

◇募集方法
Mixiの参加者募集トピックから参加申し込みをお願い致します。
http://mixi.jp/view_event.pl?id=26127658

なお、ボランティアの募集については別途御連絡致します。

◇懇親会について
懇親会を開催予定です。詳細は別途御連絡いたします。

皆様のご参加をスタッフ一同お待ちしております。

|

« P2P教科書は12/26(水)に発売です! | トップページ | [P2P]DHTにおける部分一致検索の間接参照による解決法の提案 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18781/17386272

この記事へのトラックバック一覧です: VoIP Conference 2008 開催概要&参加者募集のお知らせ:

» VoIP Conference 2008で講師します [Ryo's diary]
今までMETAL GEAR SOLIDシリーズなどに実装してきたNAT越えの話をしますよ。VoIPそのものの話じゃないですけど、P2P通信するための基礎的な話になります。 参加費ちょっと掛かるのと平日なのですが、興味ある方は是非どうぞ。... [続きを読む]

受信: 2007.12.17 14:02

« P2P教科書は12/26(水)に発売です! | トップページ | [P2P]DHTにおける部分一致検索の間接参照による解決法の提案 »