« [P2P]TwitterのP2P化を考えてみる | トップページ | [P2P]P2P・DHT懇親会 in 関西(京都.6/7[木]) »

2007.05.31

私が考える勉強会(オフ会)開催戦略

□はじめに
今までに勉強会やオフ会の主催を10回程度している。P2P勉強会2回、DHT勉強会2回、P2P・DHT勉強会 in 関西、Skype Conferece、VoIP Conferece。。変わりどころではオイスターバーオフ会を4回実施している。お蔭様でどのイベントも参加者から好評を頂いているようだ。その他にP2P新年会や納涼会などのイベントもあった。なお今年度は今後P2P勉強会(今秋)とSBM勉強会、VoIP Conference(来年頭を計画中)を開催する予定だ。

最近マーケティングやマネジメントの本を読む機会が増えたのがきっかけで、私が主催した勉強会(オフ会)がどうして成功したのか少し考えてみたので、少しまとめてみたいと思う。

□ポーターの戦略
マーケティングでポーターの戦略といわれる非常に有名な戦略がある。簡単に言うと
・コストリーダーシップ戦略
・差別化戦略
・集中化戦略
である。
詳しくはポーターの競争戦略理論を見て欲しい。
ポーターの戦略はマーケティング戦略にとどまらず、適用範囲が非常に広い。ここでは勉強会開催の戦略を上記の3戦略を踏まえて論じてみたい。

□コストリーダー戦略
いわゆる低価格戦略である。同じ品質のものであればより低価格のものが売れる。勉強会でも同じクオリティであれば、参加費が安いほうに原則流れる。

コストリーダー戦略は非常にわかりやすい。しかしその実現には注意が必要だ。なぜならば、講師や講演内容が悪ければ、どんなに安くても(つまり無料でも)参加者が集まらないからである。つまり講演内容のクオリティを一定以上確保し且つ低価格な参加費でペイする必要がある。

これを私が実現するために、以下の戦術を取った。
・ボランティアスタッフの募集
・公共(大学含む)会場での勉強会開催
・Blog、SNSコミュニティでの講師の公募
・私、あるいはハブとなる人経由での講師の推薦
・配布資料の簡素化(原則講演資料はWebベースで配布)

一般的にボランティア主体による勉強会開催の場合、参加費は2000円以下に抑える必要があるだろう。それ以上だと個人の参加でなく企業の参加がメインになり、いわゆるイベント会社が実施するカンファレンスとほぼ同じノリになってしまう。あくまで参加者の意思で本当に参加したいイベントにしたかったのだ。

またクオリティが一定なら低価格がよいとも限らない。低価格だと参加者の参加障壁が下がり、キャンセル者が多くなったり、ほとんど関心がない人が来るからである。そのためああえて1000円程度の会費を集めた方が逆にキャンセル率を下げたり、参加者の講演に対する意欲を高める事になる場合がある。

もう一つだが、講師の講演内容を調整する際に講師が何を話したいのか充分聞きだすことがが大切である。講師が話したい事に一定時間割けば、例えば講師にお支払いする費用が安くても講師の方は非常に満足され、継続して講演して頂いたりあるいは他の有識者を推薦して頂ける。

□差別化戦略
既存の勉強会となんらかの差別化をする必要がある。例えばP2P勉強会は第1次P2Pブームが去った以降、P2Pに関するカンファレンス、イベントなかったのでP2P Todayさんと相談して開催したのだ。一番の差別化戦略は、全く誰も実施したことがない(あるいはほとんど前例がない)勉強会を実施し、勉強会としての注目を早期に集める事だ。

私が新たな勉強会をするポイントは
[1]Xに一定の注目が集まっている
[2]しかしながら、そのXの勉強会は開催されていない
[3]Xに関する勉強会が開催されていたとしても、浅い議論や偏った議論しかされていないか勉強会参加費用が非常に高価な

である。今後開催する予定のSBM勉強会は[1]、[2]に該当する。同じく今後開催する予定の放送と通信の融合勉強会は[1],[3]に該当する。

もしこれから勉強会を開催したい!という人がいれば、Twitter勉強会やセカンドライフ勉強会などがお勧めだろう。

ちなみにオイスターバーオフ会も差別化戦略だ。オイスターバーに行く人はカップルや2,3人の友人が通常である。そこにあえて団体で食事会をするという発想を持ち込んだのだ。更に参加者は原則飲み放題にした。おかげ様で一人7000円以上も出費するオフ会もあったのに参加者の満足度は非常に高かった。

□集中化戦略
勉強会のテーマを絞る事だ。例えばSkype ConfereceやDHT勉強会はP2P勉強会から派生した講演会だが、テーマをより絞ることで講演も参加者も非常に高いクオリティを維持する事ができた。ただし絞りすぎると参加者が集まらないというワナもあるので、事前にMixiのコミュニティでアンケートを取るなど充分検討した方がよいだろう。またニッチな勉強会であれば講師もMixiのコミュニティでの公募でも比較的集まる可能性がある。

集中化戦略についてもう少し書いておこう。最近Web2.0に関する講演会が頻繁に開かれているが、これはテーマが広すぎて浅い議論しかできないと考えている。またこの手の講演会は大手セミナ企業が開催しているので、そちらに参加者が流れてしまうし、開催したとしても講師に支払う費用も高くなり、結果的に参加費用が高くなるだろう。ボランティアベースであれば逆にニッチなところを狙いテーマをYoutubeやSBMやMixiのみ等1点に絞込みをすることが必要だろう。

□ポーターの戦略よりも大事なこと
ポーターの戦略により勉強会開催戦略の概略を見た。ここで勉強会戦略にも関係するかもしれないが今まで書ききれてない重要な事を簡単に列挙してみる。

-やるといったらやること
どんな小さい事でもやると決めたら最後までやる勇気が必要である。勉強会は案ずるより産むがやすしである。面白い企画なら多くの人が賛同するはず。

-協力者を募ること
協力者を積極的に募る事は自分の稼動を低減することだけでなく、勉強会の戦略の軌道修正にも繋がる。なるべくいろいろな人の意見を聞くこと、人の意見を聞く事、コメントを出す事。これらはスタッフ間の結びつきを強くします。

-コネクションを大切にすること
勉強会でできたコネクションは一過性のものではありません。現に勉強会のおかげで雑誌の執筆や本の執筆(現在進行中)をしたり、ビジネス面にも良い結果に結びついています。SNSのマイミクに登録したり、勉強会後もMLで継続して議論することでコネクションを強める事ができます。またなるべく懇親会を開いていろいろな人と素直に意見交換できる場を設ける事がよいでしょう。

-継続的な勉強会の実施
なるべく継続的に勉強会を開催してください。継続的な勉強会開催は勉強会の注目度を集めるだけでなく、形成したコネクションの定期的な強化に結びつきます。

-主催者はエンターテーナーであること、全ての人が楽しめる場であること
講師も参加者もそして主催者も全ての人が楽しめる会を形成する事が勉強会で一番大切なことだと思います。自分を含めて全ての人が楽しめる、そんな勉強会を作ってください。

皆様も是非勉強会を企画して見てくださいね。

|

« [P2P]TwitterのP2P化を考えてみる | トップページ | [P2P]P2P・DHT懇親会 in 関西(京都.6/7[木]) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私が考える勉強会(オフ会)開催戦略:

« [P2P]TwitterのP2P化を考えてみる | トップページ | [P2P]P2P・DHT懇親会 in 関西(京都.6/7[木]) »