« [P2P]UNIX MagazineにDHT入門記事を執筆しました! | トップページ | [Winny]Winnyネットワークをダウンさせる方法の提案 »

2006.09.18

[DHT]第2回DHT勉強会お疲れ様でした!

今日は第2回DHT勉強会でした。悪天候にも関わらず60人強もの参加者が集まり、熱心にDHTに関してディスカッションを行いました。

こんなニッチな勉強会にも関わらず、多くの人が集まるとは正直思っていませんでした。DHTへの関心の高さが伺えます。また講演の質の高さも素晴らしかったです。

私が特に関心を持ったのは吉田さんのSkipGraphの話題です。吉田さん曰く、DHTよりSkipGragphの方が長所が多いとのことです。ところで吉田さんのシステムはSkipGraphの上でDHTをまわしているのですが、もし吉田さんの主張が正しいなら、なぜSkipGraphで系全体を作らないのか疑問を感じました。(質問するのを忘れてしまいましたが。)またDHTよりSkipGraphのほうがどの点で優位なのか、私もきっちり考察してみたいと思います。

もう一つは加藤さんのDe Bruijn Graphの話。なるほどな!とうなづけるグラフ理論の興味深い応用です。この手法を使うとDHTとしてコンパクトなルーティングテーブルを持ち且つホップ数を抑えることができるようです。こちらも調べてあとでBlogに書きたいな。

なおプレゼン資料は順次以下のサイトにアップします。
http://homepage3.nifty.com/toremoro/study/study.html

また議事メモは無印吉澤さんが作成するとの事です。

次は第3回P2P勉強会 or VoIP Conferenceですね。こちらも是非注目してください。
その前にP2P新年会 or 忘年会かな?

|

« [P2P]UNIX MagazineにDHT入門記事を執筆しました! | トップページ | [Winny]Winnyネットワークをダウンさせる方法の提案 »

P2P」カテゴリの記事

コメント

Tomoさん:
SkipNetは特許出願の状態でまだ登録はされてないみたいですね。
研究者は、Skip Graphを元に研究すれば問題ありません。商用使用も問題ありませんよ。
特許法により、先使用権は保護されます。

投稿: 吉田 | 2006.09.30 01:35

コバラさん:
SkipNetが特許になってたなんてびっくりしました。MSの研究なのでうすうす感じてはいたのですが、Skip Graphというオリジナルがあるので、まさかと思ってました。
ともかく情報ありがとうございます。
(これも、DHT勉強会で紹介したおかげ)

早速しらべてみました。特開2004-266796 です。
http://www6.ipdl.ncipi.go.jp/Tokujitu/tjsogodb.ipdl?N0000=101
の画面で、A 2004-266796 を入力すると検索できます。
アメリカのものは、20040054807です。

投稿: 吉田 | 2006.09.27 03:39

コバラさん:
特許の資料が参考になるとは思いもしませんでした!探してみますね。

しかしMSの特許となると、商用では使いづらいですね。

投稿: Tomo | 2006.09.22 23:25

先日は面白い会に参加させていただきありがとうございました。
SkipGraphの仕組みは、MS(Microsoft)が出願している特許明細書内での説明が、分かりやすいかと思いますので、おすすめです(出願名称は名前は忘れましたが)。日本でも出願しているので、日本語でも読めます(明細書は特許庁のDBにも載っていると思います)。付録として証明までついているので、結構なボリュームです。しっかりと書かれています。
請求項だけ読むとわけわかりませんので、実施例から先に読むとよいでしょう。

投稿: コバラ | 2006.09.22 15:33

吉田様:
ご回答ありがとうございました!
(Mixiでご回答を既に頂いているのにBlogに反映せずに申し訳ございません)

私のBlogでも機会があればSkipGraphを紹介したいと思います。

投稿: Tomo | 2006.09.20 01:40

Skip Graphエバンジェリストとなってしまった吉田です。Tomoさんが疑問に思ってられるので、ごくごく簡単な説明をします。
まず、PIAXのオーバレイの部分ですが、structured な部分は、Skip Graphだけで作っています。
私は、Skip Graph を range search に向き、かつ、DHTの実装も可能な、いわば汎用に使えるオーバレイと考えてまして、アプリには、用途に応じて噛み砕いた形で機能提供しています。DHTとか、LL-Netは、Skip Graphの機能を使って、ラッパーのような形で実装してあります。

投稿: 吉田 | 2006.09.19 20:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18781/11950503

この記事へのトラックバック一覧です: [DHT]第2回DHT勉強会お疲れ様でした!:

» 第2回DHT勉強会 [ただのにっき]
DHT勉強会に参加。やんごとなき事情で遅刻してしまい、首藤さんのプレゼンの大半を聞き逃すしてしまう。一番聞きたかったのになぁ……。 それにしても、今まで関わってきたコミュニティと顔ぶれが重ならないので、自分を知ってる顔がほとんどいないというのがいいね。新参者らしく大人しくしておこう……とか考えていたら、最初の休憩時間に横田さんが吉澤さんを連れてソッコーで挨拶に来るのであった。たはは。 以下... [続きを読む]

受信: 2006.09.19 13:24

» DHT勉強会 [Ryoの開発日記]
ですよ。 スケジュールはこんな感じ。 http://toremoro.tea-nifty.com/tomos_hotline/2006/08/dht2dht_f9ea.html 一応偉そうにコメントなど書いてみる。 首藤 一幸 氏:ウタゴエ(株) 取締役 最高技術責任者 「オーバレイ構築ツールキット Overlay Weaver 」 自分でもいじ... [続きを読む]

受信: 2006.09.19 19:21

» 第2回DHT勉強会のサポートスタッフしてきました [Ryo's diary]
DHTはChordしかちゃんと調べてなくて、他のアルゴリズムのキーワードが分かったのが良かったかな。Deなんとかグラフ(←キーワードとして分かってないじゃんw)は新たなアイデアに繋がるかも。SkipGraphは、パラメータをそのまま(ハッシュ関数でID化しないで)DHTのキーに使う場合のChordでいうfinger tableだと思う(ちゃんと調べてないんで間違ってるかも)。 ボクも以前から、ゲームの仮想... [続きを読む]

受信: 2006.09.20 16:22

» [雑記/メモ]DHT勉強会 [toyo’s Weblog]
18日の出来事@金沢工業大学虎ノ門キャンパス.結構前から興味はあったのでとりあえずどんなものか様子見という感じ. shudo氏のDHTの基礎の部分のスライドは,自分みたいなコミュニティ新参者には結構わかりやすくて,イメージをつかみやすかったと思う.Chordは大分前から... [続きを読む]

受信: 2006.09.21 04:31

« [P2P]UNIX MagazineにDHT入門記事を執筆しました! | トップページ | [Winny]Winnyネットワークをダウンさせる方法の提案 »