« 新婚生活に向けて | トップページ | 結婚しました。&ウィーンに行きます! »

2005.10.29

[SNS][Mixi]所属組織から知識による人脈繋がりの変化へ

彼女と同居してから一週間が立ちました。おかげで精神的にも安定して、体重の方も順調にいい方向に向かっています。11/3が結婚式なのでバタバタしますが、それをクリアすればゆっくり二人で過ごせるかなって思っています。

さて、今回は既存社会とSNSの繋がりについて考察します。

そもそも、今まで(10年前)までは人を介した繋がりが主流でした。
つまり、Aという人とBという人は
・直接会う
・誰かに紹介してもらう
という2方法でしか基本的には会うことは難しかったのです。これはすなわち、ある人とコネクションを形成するには、あるリアルなコミュニティ(組織)に属する必要がるということになります。コミュニティが組織的で大きければ、コネクション形成できる数も大きくなります。また、そこには必ずハブと呼ばれる人材が何人か存在します。ハブがこのコネクション形成に大きな役割を果たします。これは現在でも同じですね。

上記のリアルな組織というのは
・出身学校、大学
・趣味(サークル)
・会社、所属団体

というもので形成される事が多いでしょう。つまり、このリアルな団体にしがみつかなければ、コネクションを増やす事は容易では有りません。

ところが、インターネット、特にMixiのようなSNSが発達すると
・(バーチャルな)コミュニティに参加する
・Web、Blog等で積極的な発言をする
・IM等でプロフィールからコンタクトをとる
ことで容易にコネクションを形成することができるようになります。

つまり、今までコネ形成に必須だった会社やサークル等の団体が「基本的には」不要な場合もあるわけです。
これは、コネクションを形成する場が「リアル」なコミュニティから「バーチャル」なコミュニティに移行していることを示しています。

リアルなコミュニティは、参加するために大きな障壁が要ります。例えば、会費を払う、あるいは特定の仕事に就く、定期的に会合に参加するなどです。

ところがバーチャルなコミュニティではその障壁が大きく下げられます。コミュニティも数多く参加する事が可能です。(私もMixiでは100以上のコミュニティに参加している。)リアルなコミュニティではせいぜい10個程度参加するぐらいが上限ではないでしょうか?

バーチャルなコミュニティは、リアルなコミュニティに多い「地域」「学校」「会社」に束縛されず、単に『知識』『趣味』での繋がりとなるのが大きな特徴です。知識による「繋がり」は会社の立場、出身大学に左右されず、ライトからコアなユーザまで参加可能なコミュニティを容易に形成できます。これはコミュニティの大きさが急速に成長することを意味します。

バーチャルなコミュニティによるコネ形成(特にSNSに当てはまる)には次のような特徴があります。
・共通のコミュニティに参加している、という理由で知らない人へコンタクトを取ることが可能。
・多くのコミュニティに参加できるので、多くの人と「すばやく」コネ形成が可能である。

このようにSNSのようなバーチャルなコミュニティを使いこなしている人は、リアルなコミュニティのみに頼っている人よりもコネクションを加速的に伸ばす事ができるでしょう。

ただし、私は以前としてリアルなコミュニティも重要であると考えています。つまり、人間というのは基本的には実際会わないと本当の意味で内密にはならないと考えているからです。そのような意味で、バーチャルとリアルなコミュニティを橋渡しする「オフ会」はコネクション形成に重要な位置づけとなるわけです。
例えバーチャルで多くのコネを持っていても、このようなオフ会などでリアルに会わなければ、真の意味での人間的な内密さは形成にしにくいでしょう。

私の結論は次のことになります。
「積極的にコネクションを形成する戦略として、バーチャルなコミュニティ、つまりSNSで良好なコネクションを形成し、オフ会の参加により、リアルなコネクションを確認する事が有効である。」

今後は「戦略的なコネクション形成」のためにSNSを利用する人がより多くなるでしょう。

|

« 新婚生活に向けて | トップページ | 結婚しました。&ウィーンに行きます! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

■「以前として」は「依然として」の間違いでは?■
Tomoさんは”ただし、私は以前としてリアルなコミュニティも重要であると考えています。”と述べておられますが、
『広辞苑』で「依然」をひくと、
【依然】もとのままであるさま。前の通りであるさま。「~として治らない」「旧態~」
『大辞林』によれば、
【依然】前と変わらないさま。もとのとおりであるさま。「旧態~たる態度」「~として素行があらたまらない」
と書いてありますが・・・
■「内密」は「親密」の間違いでは?■
Tomoさんは”つまり、人間というのは基本的には実際会わないと本当の意味で内密にはならないと考えているからです。”、”例えバーチャルで多くのコネを持っていても、このようなオフ会などでリアルに会わなければ、真の意味での人間的な内密さは形成にしにくいでしょう。”と述べておられますが、
『広辞苑』を見ると、
【内密】表向きにしないこと。内緒。「ご~に願います」
【親密】相互の交際の深いこと。したしくつき合っていること。「~な間柄」「~の度を加える」と書いてあります。
『大辞林』によれば、
【内密】表ざたにしない・こと(さま)。ないしょ。内々。「~の話」「~にする」
【親密】親しく交際していること。仲のよいこと。また、そのさま。←→疎遠。「~な間柄」となっています。

投稿: Kiyoshi | 2005.11.02 11:36

まさにそう思います。REALとVITTUALが混在する社会となりましたが、やはりフェイスツーフェイスが大切でしょう。たたVITTUALはREALへの敷居を低くしたのは確かだと思います。一方、VIRTUALがREALを食ってしまう部分も増えてきたように思えます。

投稿: A | 2005.10.31 11:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18781/6712238

この記事へのトラックバック一覧です: [SNS][Mixi]所属組織から知識による人脈繋がりの変化へ:

» 初心者の為のmixi人脈構築のノウハウ(始動編) [ヒューマネットの専務が書く!喰らうっ!]
 前回の初心者の為のmixi人脈構築ノウハウ(準備編)からの続きです。 今回はマイミクシィ(通称:マイミク)を中心に、実際に人脈を増やしていく為の方法を書いていきます。 先ず、方法論に入る前に、人脈を作る上で、何故マイミクが大事なのかを解説します....... [続きを読む]

受信: 2006.12.23 19:41

« 新婚生活に向けて | トップページ | 結婚しました。&ウィーンに行きます! »