« [P2P]DHTコミュオフ会について | トップページ | [P2P]日本発のDHT型分散ストレージ? »

2005.03.21

[ヴァイオリン]重音の練習

夏の発表会にタルティーニのソナタを弾くのですが、(※有名な「悪魔のトリル」ではありません。。)重音が多いので、小野アンナのヴァイオリン音階教本で3度の重音によるスケールの練習を開始。重音の連続した曲はあまりしてなかったので、基礎をみっちりつけないと、と思っています。

弦楽アンサンブルの方はヴィヴァルディの「四季」から「夏」を弾く予定。あまり印象がなかったのですが、久しぶりに聞くとこれがイイ曲なんです!早いパッセージなどが多くて大変ですが、こちらも頑張りたいと思います。
そういえば、ギトン=クレーメル演奏の「四季」のCDあったよなぁ。(確かピアソラの「ブエノスアイレスの四季」がカップリング」)探してみようと。

余談:
今、ケージの「プリペアド・ピアノのためのソナタとインターリュード」を高橋悠治氏の録音で聴いています。他の人の演奏も聞いたことあるのですが、こっちの方が全然カッコいい!アフリカンな感じがしてなかなか良いですね。


|

« [P2P]DHTコミュオフ会について | トップページ | [P2P]日本発のDHT型分散ストレージ? »

ヴァイオリン」カテゴリの記事

コメント

rockさん:
コメントありがとうございました!
POLOの教本、知らなかったです。
今度探してみますね。
私は小野アンナのスケール教本でみっちり基礎を練習しておきます。

投稿: Tomo | 2005.07.26 00:47

重音の練習には,POLOの教本がかなりいいです。
ただし,日本で扱っていないのが難点です。

投稿: rock | 2005.07.25 12:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18781/3383703

この記事へのトラックバック一覧です: [ヴァイオリン]重音の練習:

« [P2P]DHTコミュオフ会について | トップページ | [P2P]日本発のDHT型分散ストレージ? »