« [P2P勉強会]お疲れ様でした。。 | トップページ | [P2P]ソーシャルブックマーク+WEBブラウザ+P2Pで何ができる? »

2005.03.03

[P2P]DHTの時間的考慮

P2P勉強会では様々なテーマを元に講演が行われたが、特に今回興味深かったのはNAISTの飯村氏の「P2Pゲーム」についての講演だった。資料については、下記のページに置いてあるので参考にして欲しい。
http://homepage3.nifty.com/toremoro/study/study2.html

そこで飯村氏が注目していたのは、時間によるユーザ数の変化である。
つまり、夜はユーザが多く朝は少ない。

DHTでゲームを構成する場合、ゲーム人数が多い夜はもちろん考慮しないといけないのだが、ユーザ数が少ない朝だと、他のプレイヤーの保持しているデータを少ないユーザで分割統治する必要があるので、ユーザ負担が大きくなる事が考えられるのだ。この辺のことをきちんと考慮しているDHT研究開発者は少ないのではないだろうか?

となると、これを解消するには以下の2つのアプローチが考えられる。

1.事業者等がサーバを用意し、サーバがDHTに参加する。このときにサーバがバーチャルで複数のノードを管理するように見れれば、ユーザ数変化によるユーザ負担が少なくなる。

2.事業者等(またはユーザの協力の下)が常にDHTに参加しているノードをある程度用意する。

いずれにせよ難しいのだが、1.のアプローチだと事業者の負担が重いので、ビジネス的には問題があるのかもしれない。

飯村氏は講演を締めくくるにあたり、全世界にユーザが散らばれば、時差の関係からそのような時間によるノード数の変化はおこりにくくなるだろうと主張した。確かにそうで、凄い発想だなぁ、と思った。

今後も飯村氏の研究に注目していきたい。

|

« [P2P勉強会]お疲れ様でした。。 | トップページ | [P2P]ソーシャルブックマーク+WEBブラウザ+P2Pで何ができる? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18781/3161053

この記事へのトラックバック一覧です: [P2P]DHTの時間的考慮:

» [P2P] P2Pゲームの問題点 [Industrial Cyblog]
-http://toremoro.tea-nifty.com/tomos_hotline/2005/03/p2pdht.html 付加分散型のP2Pネットワ... [続きを読む]

受信: 2005.03.04 09:43

« [P2P勉強会]お疲れ様でした。。 | トップページ | [P2P]ソーシャルブックマーク+WEBブラウザ+P2Pで何ができる? »