« [グルメ]風邪をひいた時の飲み物。 | トップページ | [P2P勉強会]参加方法について »

2005.01.03

[P2P勉強会]第2回勉強会の講師陣のご紹介

2/26(土)に電通大で行われる第2回P2P勉強会の素晴らしい講師陣をご紹介致します。

日本でも有数のP2P有識者を私が非常に簡単に紹介する事は大変恐縮ですが、これをご覧になって皆様が第2回P2P勉強会に興味を持って頂ければと思います。なお、今回ご紹介する講師陣の皆様は最終調整時の状態であり、都合によりご講演出来ない場合もあるのでご了承下さい。また、講師陣の順番は順不同です。

千葉大 阪田 史郎 教授
アドホックネットワークの権威であり、またワイヤレス、ユビキタスの研究にも大変有名で、関連著作も多数あります。
現在、WIRELESSプラスにて「ユビキタス無線ネットワーク体系」が好評連載中です。
P2P勉強会ではアドホックネットワークについてご講演して頂ける予定です。

アリエルネットワーク 徳力 基彦 氏
P2Pコラボレーションソフト「アリエル・エアワン」で知られるアリエルネットワークで積極的にWEB上でP2Pに対して啓蒙活動をされている方です。特に注目して頂きたいのはjapan,internet.comで掲載されているコラムで最新のP2P動向を含めてP2Pの知識について整理がしてあり必見です。
P2P勉強会ではP2Pの現状と将来性についてご講演して頂ける予定です。

首藤 一幸 氏
Java、グリッド、P2P等幅広い分野で日本有数の研究をされていて、関連著作も多数あります。特にアクセスグリッドについては各誌に掲載され話題となりました。また昨年9月には日本ソフトウェア科学会主催のP2Pに関するパネルディスカッションの司会をされました。
P2P勉強会ではP2Pとグリッドの関係などをご講演して頂ける予定です。

奈良先端科学技術大学院大学 飯村 卓司 氏
現在、世界で最も注目されている研究の一つ、P2Pで大規模参加型ゲームを実現するための技術に取り組まれています。また2004年12月には未踏ソフトウェア創造事業公募に飯村氏の研究が採択され、注目されています。
P2P勉強会ではP2Pでの大規模参加型ゲームについてご講演して頂ける予定です。

国際大学GLOCOM リサーチアソシエイト 福島 直央 氏
知的財産権とインターネットの関わりについて研究されています。2004年12月にはOpen Source Way 2004にて、クリエイティブコモンズについてご講演されたりと積極的な活動を行っています。
P2P勉強会では、ファイル交換ソフトと著作権の問題等についてご講演して頂ける予定です。

ついでに私も講演します。DHTとSIPを使ってSkypeライクなシステムを作る話です。

今回もP2P勉強会には素晴らしい講師陣が参加されます。ぜひご期待下さい。
※Mixiでは既に参加受付を開始しています。下記URLまでどうぞ!
http://mixi.jp/view_event.pl?id=353092

Mixi以外の方の参加は後日行いますのでしばしお待ち下さい。ボランティアの方の参加は既に受付開始しています。tnishita@yahoo.co.jpまでご連絡をお願い致します。

|

« [グルメ]風邪をひいた時の飲み物。 | トップページ | [P2P勉強会]参加方法について »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

>以前一度ボランティアの意思表明をした者も、再度メールを送った方がいいですか?

念のため送って頂けると助かります。

投稿: Tomo | 2005.01.03 13:06

以前一度ボランティアの意思表明をした者も、再度メールを送った方がいいですか?

投稿: | 2005.01.03 12:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18781/2452177

この記事へのトラックバック一覧です: [P2P勉強会]第2回勉強会の講師陣のご紹介:

« [グルメ]風邪をひいた時の飲み物。 | トップページ | [P2P勉強会]参加方法について »