« [P2P]P2P勉強会の進捗状況:その後 | トップページ | [GRID]ナビエ=ストークス方程式 »

2004.05.21

[P2P]最近の大学レポート

大学のレポート作成なんてもう随分前の話になる。当時はTeXを使ってレポートを書いたり、Mathematicaを使ってグラフを書いたものだ。

ところで、HPやBlogにおいてアクセス解析をしているのだが、そこを辿ると面白いページがあった。
大学の課題(P2P)
「課題6」はP2Pとクライアント=サーバモデルの違いについてレポートするもの。面白いレポートになりそうだ。

さて、今回はP2Pのレポートがあるから取り上げただけではなく、Wikiを使ってレポートをみんなで取り組むというのが面白いで紹介しました。先ほどのHPのURLを見て頂くとわかるように某大学のものである。あいからわずこの大学はユニークな取り組みをしますね。今後はWikiを使ってグループで課題を取り組むなんてことが増えると思います。昔は図書館や空き教室に集まってグループ課題を解いたものですが随分時代が変わったものです。(笑)
研究室でWikiを使った情報共有をしている人は多いですが、授業の一環としてWikiを使っているところはあまりないと思いました。

※AlphaみたいなP2PベースのWikiが将来情報共有のメインになって、授業の課題などもそういうWikiでまとめる時代が来るかもしれないですね。

もしこのレポートに取り組んでいる人が見ていればの話ですが、是非レポートでは分散ハッシュについてもチャレンジして欲しいと思います。今までPure-P2Pではできなかった事が容易にできるので、それについて考察したら担当教官の印象も良いのでは?と思います。レポートの最終結果を期待しています♪

|

« [P2P]P2P勉強会の進捗状況:その後 | トップページ | [GRID]ナビエ=ストークス方程式 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

NetNewsを使うのは面白いですね。私の大学時代は同期との情報共有でNiftyのパティオを使っていました。随分時代が変わったものです。

投稿: Tomo | 2004.05.22 21:37

僕の大学ではNetNewsを使ってグループ課題をしている学科がありました。
どうやらNewsでの発言も評点に含まれているみたいでした。

投稿: Fuktommy | 2004.05.22 00:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18781/632362

この記事へのトラックバック一覧です: [P2P]最近の大学レポート:

« [P2P]P2P勉強会の進捗状況:その後 | トップページ | [GRID]ナビエ=ストークス方程式 »