« [P2P]分散ハッシュの匿名性について(回答編その2) | トップページ | P2P勉強会の場所検討中。。。 »

2004.05.08

[GRID]ゴールドバッハ予想

先ほどP2Pの記事を書いたけども、今日はもう一つネタということで数学に関するものを一つ。(でもGRIDに関係あるのでやっぱりP2P関係か。。。)

セキュリティでは素数を使う事が多いので、素数に関する面白そうな本を探していたのだが、丁度読みやすくていろいろなトピックが載っている本があったので紹介します。

ブルーバックス「素数入門」

普通の整数論の教科書では載ってないネタあるので結構楽しめると思います。この本を読んでいたらこんな問題がありました。

ゴールドバッハ予想(今でも未解決問題)

1)6以上の全ての偶数は2個の素数の和で表わされる。
2)9以上の全ての奇数は3個の素数の和で表わされる。

例えば、8=3+5、9=2+2+5.....
これって問題自体が簡単なのでかなり気になるなぁ。といっても整数論なのでハマッたら仕事に影響してヤバそうだ。

現実的にはどの程度の大きさまで正しいか検証する方が良さそうだ。

このゴールドバッハ予想を検証するプログラムが載っているHPを発見!
もう少しスマートにプログラムを書き直せそうです。
このページは整数論関係があって面白いです。
http://www.pureweb.jp/~aoyagi/integer/index.shtml

で、この問題どうも実際グリッドでやろうとしている人がいるらしいです。この辺りのリンク集は下記を参照。
http://www2.117.ne.jp/~mat/dcomp/math.htm

こういう問題をみんなの力をあわせてGRIDで結果を出すと、P2Pコミュニティーがもっと認知されるかもね。

今後はGRIDでできるような面白い問題を少しずつ紹介しています。(多分。。。)

|

« [P2P]分散ハッシュの匿名性について(回答編その2) | トップページ | P2P勉強会の場所検討中。。。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18781/560249

この記事へのトラックバック一覧です: [GRID]ゴールドバッハ予想:

« [P2P]分散ハッシュの匿名性について(回答編その2) | トップページ | P2P勉強会の場所検討中。。。 »