« バイオリン練習。 | トップページ | 情報家電とP2P、M2M »

2004.02.16

P2Pルーティング

今日は時間に余裕あったので、ルーティングの本を読んでいた。OSPF、BGB4の仕組みを久しぶりに読むと、やはり上手くできているものだと感心する。MPLSにも興味があるので、近々ちゃんとした本を買おうと。

さて、P2Pルーティングの話題をHPに書こうといろいろなページをチェック。

JPPP関連
http://www.nic.ad.jp/ja/materials/iw/2002/proceeding/T17-2.pdf

P2Pとワイヤレスの交差点
http://internet.watch.impress.co.jp/www/column/wp2p/wp2p01.htm

これらの資料はモバイルを意識しているので、かなり複雑なルーティング方法を取っていると感じられた。通常のPCなどに応用するのであれば、その一部を簡略化できるのではないかと思っている。実際今頭に浮かんでいるアイデアは今週HPで解説したFloating Server Model&エリアの概念を用いてIGPとEGPの2つの役割分担を決め、ルーティングを回そうかなって思っている。こうすれば、かなりの広域でルーティングが可能になる。ただ、今のアイデアではネットワークからノードから離脱する際の影響をきちっと考慮してないので、その辺をもう少し精査しないと。

このように書くとPCなどのノードでP2Pルーティングを回さなくてもいいのでは?という意見があるかもしれないが、そうではない。その理由として、ルーティングの際に無駄な帯域を消費しなくても良いということと、サーバレスでP2P通信ができることで、匿名性が強いIM(インスタントメッセンジャー)などが考えられる事だ。今週末にこれらの解説がアップできればうれしいな♪

SIONetの本はかなりいろいろなことが盛り込んでいる。もう少しじっくり読まないと全体が把握できないなぁ。この手の簡単な解説ってないのかな?

|

« バイオリン練習。 | トップページ | 情報家電とP2P、M2M »

P2P」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18781/203944

この記事へのトラックバック一覧です: P2Pルーティング:

« バイオリン練習。 | トップページ | 情報家電とP2P、M2M »