« バイオリンを始めたわけ。 | トップページ | バイオリン練習。 »

2004.02.15

P2Pについて

研究所ではP2Pでの研究をしていました。その頃はNapsterが丁度ブームでGnutellaがリリースされて話題の時です。コンテンツ流通でP2Pを使えて何かできないの?って上司に言われたのがP2P研究のきっかけです。

ただ、P2Pのコンテンツ流通ってなかなか難しい。面白い例はNTTコムのNetLeaderかな。WMPと協調するというのはなかなかいいアイデアですね。

今はP2Pネットワークにおけるルーティングを考察しています。これもなかなか難しい問題で、特にネットワークのユーザがネットワークから離脱した時のトポロジー変化を周りに反映させるところが大変です。一応、P2PについてはHPでまとめましたので、見てくださいね。

|

« バイオリンを始めたわけ。 | トップページ | バイオリン練習。 »

P2P」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18781/198527

この記事へのトラックバック一覧です: P2Pについて:

« バイオリンを始めたわけ。 | トップページ | バイオリン練習。 »