« P2PとCDN | トップページ | ウィキペディア »

2004.02.28

JXTAの本&分散ハッシュ

今日は金曜日なので、仕事終わりに新国立劇場のR=シュトラウスの「サロメ」を見ようと思ったけども、バイオリンの練習もしないとと思って、見るのはあきらめた。でも新宿のヨドバシに寄って前から欲しかったJXTAの本をGET。

「JXTAのすべて」 Brendon J.Wilson著 日経BP社

JXTAの仕組みについて載っているかなっと思ったけども、ノード検索やルーティングの細かい原理までは載ってない。まあ、逆にJXATを使う事でそういう難しいことは隠蔽できるのだから、プログラムがメインの人には解説があまりいらないのかもしれない。ただ、ファイアウォールがある場合の通信方法が載っていたので、買い損ではなかった。多分、今週末はP2Pとファイアウォールの関係を書くことになるので、もう少し読み込んでみるつもりである。

さて、それとは別にP2Pのノード探索についてちょっと調べてみた。CANとかいろいろと見てみたが、どうも理解しづらい。肝の技術としては「分散ハッシュ」というのがあるらしい。っで役に立ちそうかなというHPをメモしておく。

「分散ハッシュテーブルを用いたONSの設計と実装」
資料自体はP2Pとは関係ないが、分散ハッシュを使った例が書いてある。感覚がつかめそうだ。ついでにパワーポイント資料も見つけた。

「ユビキタス環境に適した宛先記述性の高い間接型通信の実現」
分散ハッシュの方法の一つであるChordの説明がある。これは読みやすそう。

ユビキタス環境に向けた分散コンテンツの発見

モバイルAgentを用いたサービス合成法

これなんかもよさそうだ。

ちょっと関連した話題発見!分散ハッシュを用いてWEB匿名プロキシを作っているお話。でもリンクを見ると、解説資料はなしか...アップを期待。

誰が分散ハッシュ、わかりやすく教えていただけないですかね。(笑)役に立ちそうというのは分かってきたので。

|

« P2PとCDN | トップページ | ウィキペディア »

P2P」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18781/240983

この記事へのトラックバック一覧です: JXTAの本&分散ハッシュ:

« P2PとCDN | トップページ | ウィキペディア »